メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒豆みそ祭り

家康鷹狩り鍋いかが! 「東金の名物に」 10日 /千葉

 東金市内で生産される黒大豆のみそを使った鍋料理「家康鷹(たか)狩り鍋」をご当地料理として普及させようと、「東金黒豆みそ祭り」が10日、JR東金駅西口の南総通運駐車場で開かれる。

 鷹狩り鍋は、地元産黒大豆の活用を目指す「東金黒豆みそ鍋の会」の呼びかけに、老舗料理店「会席亭かくじゅう」が4年前にメニュー化した。江戸時代に徳川家康が東金を鷹狩りで訪れていた故事にちなんで、キジに見立てたトリ肉や、イノシシ代わりのブタ肉を使用する。野菜やキノコと煮て、黒豆みそで味付けした野趣あふれる鍋として再現した。

 同会によると、埼玉県和光市であった「ニッポン全国鍋グランプリ」で2017年に3位、18年に5位を獲得し、一部では知名度を上げつつあるという。同会は市内の飲食店でそれぞれ独自の黒豆みそ鍋をメニュー化してもらうことを期待するが広がりは今ひとつ。祭りではかくじゅうの鷹狩り鍋を100人に無料でふるまい、改めてアピールする。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです