メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子硬式野球

県内初 松本国際高校に4月創部 受け皿作り、競技普及目指す /長野

 松本市の松本国際高校(永原経明校長、生徒558人)は、県内初となる女子硬式野球部を4月に創部する。女子野球の競技人口が全国的に増えている中、これまで硬式野球を志す県内の女子生徒は県外へ進学するケースが多かったが、受け皿づくりと競技の普及を目指す。【小川直樹】

 松本国際高によると、部員は在校生のほか、現在中学3年生でこの春に入学してくる生徒から募る。今月20日に行う一般入試で創部を告知して募集する。

 練習は学校敷地内の人工芝グラウンド(約3200平方メートル)を中心に行う。本格的な打撃練習や試合が…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです