メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ

イノシシにワクチン 県有識者会議、中間報告で検討を /岐阜

 県内で豚とイノシシの豚(とん)コレラ感染が相次いで確認されている問題で、県の有識者会議(委員長=浅井鉄夫・岐阜大大学院教授)は4日、中間報告をまとめた。野生イノシシに経口ワクチンを投与する案が関係者で議論されているが、投与実績のある欧州に調査団を派遣し、投与を検討するよう提言した。

 中間報告によると、欧州では過去にドイツやフランスが経口ワクチンを採用し、スイスは使わなかった。フランスの事例を参考に、県内での経口ワクチン投与の費用を5年間で約23億円と試算した。会議は「国と情報を共有しながら欧州に調査団を派遣し、実例を調査する」よう求めた…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです