堺市

当初予算案、一般会計4320億円 過去最大を更新 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2019年度の堺市一般会計当初予算案
2019年度の堺市一般会計当初予算案

 堺市は4日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は前年度比3・3%増の4320億円で、4年連続で過去最大を更新した。市税収入を過去最高の1512億円と見込む一方、人件費などを削減。防災や子育て世帯の負担軽減などに重点を置いた。竹山修身市長は「昨年は地震や台風があり、全施策に優先する治山治水が最大の責務。さらに子育てや健康施策にもしっかり対応した」としている。市は12日開会の市議会定例会に予算案を提出する。【矢追健介】

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文795文字)

あわせて読みたい

ニュース特集