メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/74 シリア・アフリン攻撃から1年 土地も家も奪われ脱出 /大阪

アフリンからの避難民デルウシュさんと妻。トルコ軍と武装組織に家などすべてを奪われた=シリア・コバニで2018年10月、玉本英子さん撮影

 シリア北西部アフリンは、トルコ国境に接する町だ。オリーブの木がつらなる緑豊かな土地に、多くのクルド人が暮らしてきた。内戦後、早い段階からクルド主導の行政機構が統治した。

 昨年1月末、隣国のトルコ軍は、香川県ほどのアフリンを、戦闘機数十機で爆撃、地上ではトルコの支援を受けたシリア武装諸派が攻撃した。「クルド・テロ組織の排除」が理由とされたが、空爆などで市民も犠牲となった。2カ月間にわたる作戦で町は制圧された。死傷者は1000人以上。イスラム武装過激派が町や村を支配することへの恐れから、15万人を超える人々が脱出した。

 昨年10月、私はシリア北部で、アフリンからの避難民たちを取材した。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです