メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/74 シリア・アフリン攻撃から1年 土地も家も奪われ脱出 /大阪

アフリンからの避難民デルウシュさんと妻。トルコ軍と武装組織に家などすべてを奪われた=シリア・コバニで2018年10月、玉本英子さん撮影

 シリア北西部アフリンは、トルコ国境に接する町だ。オリーブの木がつらなる緑豊かな土地に、多くのクルド人が暮らしてきた。内戦後、早い段階からクルド主導の行政機構が統治した。

 昨年1月末、隣国のトルコ軍は、香川県ほどのアフリンを、戦闘機数十機で爆撃、地上ではトルコの支援を受けたシリア武装諸派が攻撃した。「クルド・テロ組織の排除」が理由とされたが、空爆などで市民も犠牲となった。2カ月間にわたる作戦で町は制圧された。死傷者は1000人以上。イスラム武装過激派が町や村を支配することへの恐れから、15万人を超える人々が脱出した。

 昨年10月、私はシリア北部で、アフリンからの避難民たちを取材した。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伯和の新人・高正則が貴重な追加点 “未知の世界だった”仕事と両立でドーム目指す

  2. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです