メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンノ山古墳

前方後円墳 「6世紀中期以降の築造」 三宅町教委が現地説明会 /奈良

墳丘や周濠の一部が見つかったアンノ山古墳での発掘調査の成果を説明する奈良県三宅町教委の安原貴之主事=同町伴堂で、藤原弘撮影

 三宅町教委は3日、発掘調査中のアンノ山古墳(同町伴堂(ともんど))で町民ら向けの現地説明会を開いた。1月からの調査で、墳丘や周濠のそれぞれ一部が見つかり、前方後円墳であることが明らかになったとしている。

 約60平方メートルを調査している。担当の町教委社会教育課の安原貴之主事によると、古墳は大きく削られ、高さは1~1・5メートル程度しか残っていない。今回の調査で、周濠から6世紀中ごろから後半の須恵…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです