輝集人

全国高校総文祭に出る和歌山信愛高生 池田はなさん、石井陽菜さん、丸山菜那さん 「究極のエステル」探究 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「エステル」生成の準備を進める和歌山信愛高の(左から)石井陽菜さん、丸山菜那さん、池田はなさん=和歌山市屋形町2の同校で、山成孝治撮影
「エステル」生成の準備を進める和歌山信愛高の(左から)石井陽菜さん、丸山菜那さん、池田はなさん=和歌山市屋形町2の同校で、山成孝治撮影

池田はなさん(17)石井陽菜さん(16)丸山菜那さん(17)

 昨年11月にあった県高校総合文化祭の自然科学部門・化学の部で、「究極のエステル」というタイトルを掲げて発表し、優秀賞(1位)に選ばれた。今年7月下旬に佐賀大(佐賀市)である第43回全国高校総合文化祭佐賀大会の自然科学部門に出場する。「発表を聞いてくださった皆さんが『私も使ってみたい』と思ってもらえるような研究、発表を目指したい」と意気込んでいる。

 和歌山信愛高校2年生。理系分野の教科が好きだった池田はなさん(17)=大阪府泉佐野市=が中学1年で科学部に入った。友だちだった石井陽菜さん(16)=同=は「池田さんに付いていっていたら、結局、私も部員になっていました」。中3で丸山菜那さん(17)=和歌山市=も入部し、3人の態勢が整った。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文839文字)

あわせて読みたい

ニュース特集