メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
神明祭

300キロのとんど、押し合い歓声 尾道 /広島

押し合う2基のとんど=広島県尾道市の大浜公民館で、渕脇直樹撮影

 尾道市因島大浜町の大浜公民館で3日、今年1年の無病息災を願う神明祭があった。町内3地区から高さ3~4メートル、重さ300キロのとんど(神明)が繰り出し、押し合いを繰り広げた。

 かつて地元で活躍した村上水軍に由来するとされ、約400年の歴史がある。とんどには縁起を担いで松竹梅が飾られ、伊勢音頭に合わ…

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  3. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

  4. 大阪万博へ2025本の桜を植樹 府内各地に21年度から

  5. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです