メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「砂の器」

子役・春田さん、思い出を語る 「体験役立った」 /福岡

 1974年の松竹映画「砂の器」で主人公、和賀英良の子供時代を演じた元俳優の春田和秀さんが小倉北区で思い出を語った。

 市立松本清張記念館で開催中の「砂の器展」関連行事。春田さんは映画公開時8歳。ハンセン病で故郷を追われた父親役の加藤嘉さんと各地を放浪する場面は観客の涙を誘った。ロケは10カ月に及び、ほとんど学校に通えなかったという。…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです