メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

統計不正で衆院予算委 厚労省の「統治」問題視

統計不正問題を巡る衆院予算委員会の主なやり取り

 4日の衆院予算委員会は、厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の不正問題をめぐり、与野党が同省に激しい批判を浴びせる展開となった。野党は根本匠厚労相の省内統治能力が欠けていると追及。統計不正で、賃金上昇の根拠も揺らいだと疑問を投げかけ、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」に揺さぶりをかけた。夏の参院選を控えた与党も矛先をかわすべく厳しく対応し、首相や根本氏は釈明に追われた。【朝日弘行、影山哲也】

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです