メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

注目の囲碁界改革 日本棋院副理事長、九段 小林覚氏

小林覚九段

まず、女性の世界一を

 今年4月、10歳0カ月の史上最年少の囲碁のプロ棋士が誕生する。新制度の「英才特別採用」でプロ入りを決めた小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)の登場で囲碁への注目が高まっている。国際棋戦での苦戦、囲碁人口の減少など、多くの課題を抱える現在の日本の囲碁界。今回の採用制度の改革を主導した日本棋院副理事長の小林覚九段(59)に、狙いや今後の展望を聞いた。【聞き手・最上聡】

--副理事長就任以降「英才特別採用」のほかにも、新たなプロ棋士の採用制度を打ち出しました。「女流特別採用推薦」=1=は特に女性棋士の活躍に期待した制度です。

この記事は有料記事です。

残り2636文字(全文2913文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです