メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガニスタン

タリバンとアルカイダ断絶条件 米軍、撤収ハードル高く

アルカイダのメンバー潜伏か?

 【ニューデリー松井聡】開戦から18年目に入り、米国史上最長の戦争の舞台となっているアフガニスタンで、トランプ政権と旧支配勢力タリバンが駐留米軍の完全撤収を目指すことで大筋合意し、和平を目指す動きが加速している。だが、米側が撤収条件とするタリバンと国際テロ組織アルカイダとの関係断絶など、容易には越えられない壁もある。双方は今月25日に再協議を予定するが、進展するかは見通せない。

 「アルカイダのメンバーはタリバンの支配地域にいる。タリバンは彼らを客人として扱い、活動を許している…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです