メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガニスタン

タリバンとアルカイダ断絶条件 米軍、撤収ハードル高く

アルカイダのメンバー潜伏か?

 【ニューデリー松井聡】開戦から18年目に入り、米国史上最長の戦争の舞台となっているアフガニスタンで、トランプ政権と旧支配勢力タリバンが駐留米軍の完全撤収を目指すことで大筋合意し、和平を目指す動きが加速している。だが、米側が撤収条件とするタリバンと国際テロ組織アルカイダとの関係断絶など、容易には越えられない壁もある。双方は今月25日に再協議を予定するが、進展するかは見通せない。

 「アルカイダのメンバーはタリバンの支配地域にいる。タリバンは彼らを客人として扱い、活動を許している…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1234文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです