メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

労働争議、工場占拠され苦境 双日社長・藤本昌義さん

ベネズエラの自動車製造・販売会社社長に就任する直前の藤本社長(左から4人目)=2008年11月撮影、同社提供

撤退覚悟の交渉で打開

 米国やポーランドなど海外を中心に自動車の販売から組み立て、部品の輸出入まで担当。社内では車に精通していると目され、2008年に上司からベネズエラにある出資先の自動車製造・販売会社の社長就任を打診されました。

 南米だけは行きたくなかったので固辞しましたが、最後は上司の上司が出てきて「車の全てを分かるのはお前しかおらんだろ」と。根負けです。赴任先は三菱自動車などの車を販売する「MMC Automotriz S.A.」。製造工場も持っていましたが、輸入車販売がメインだったので工場の稼働率は低かったです。

 08年12月に社長に就任。ベネズエラといえば原油で、産業も原油輸出ぐらい。それなのに就任直前に起き…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです