メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保険代理店

「不当に天引き」 外交員、請求1億円超 被害弁護団結成

原告の男性(手前右)も同席した保険外交員搾取被害弁護団の記者会見=東京都千代田区で2019年2月4日、根岸基弘撮影

 保険代理店の元外交員(保険募集人)が、給料から多額の経費を不当に天引きされたと訴えている問題で、元外交員を支援する弁護士が4日、東京都内で記者会見し「保険外交員搾取被害弁護団」を結成したと発表した。弁護団が関係する訴訟だけで原告の元外交員は25人、請求総額は約7100万円に上り、他に毎日新聞が取材で把握した2人分を加えると1億円を超える。弁護団は同日、金融庁と厚生労働省に実態調査や是正を申し入れた。【樋口岳大、畠山哲郎】

 弁護団には札幌、東京、広島、長崎の各地裁と福岡地裁小倉支部に提訴した元外交員の代理人弁護士ら約30…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです