におい

仲間のピンチ、受け取り防御 におい物質で伝達、植物が遺伝子発動 東大など仕組み解明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
におい物質を検知し、防御態勢をとるイメージ
におい物質を検知し、防御態勢をとるイメージ

 虫や病原体に襲われた植物が発した緊急信号の「におい物質」を周囲の他の植物が検知し、防御態勢をとる仕組みを解明したと、東京大大学院の東原和成(とうはらかずしげ)教授(農学生命科学)らのチームが発表した。農作物栽培などで害虫防除や病気予防に役立つ可能性がある。成果は米科学誌ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー電子版に掲載された。

 植物は虫に襲われたことを周囲の植物に「におい」などで伝えることは知られていた。今回、分子レベルでこの仕組みが初めて明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集