メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展

選考委員と審査員決定

 第71回毎日書道展の運営委員会は4日、同展の会員賞選考委員と審査員を次の通り決めた。(敬称略)

 <会員賞選考委員>理事・監事=石飛博光、遠藤彊、片岡重和、鬼頭墨峻、辻元大雲、仲川恭司、中原志軒、永守蒼穹、船本芳雲、堀吉光、松井玉箏、室井玄聳、柳碧蘚、赤平泰処、薄田東仙、下谷洋子▽漢字=江草幽研、片根苳雨、小原道城、藤野北辰、町田玄洞、松永清石、渡部會山▽かな=慶徳紀子、田向良歌、水田芳美、本橋郁子▽近代詩文書=大平匡昭、佐伯司朗、西野玉龍、宮本博志▽大字書=旭谷朗抱、兼岡白葉、三浦白鴎、水谷海越▽篆刻(てんこく)=稲村龍谷、川村玄舟▽刻字=中川游人、渡邉静湖▽前衛書=赤池艸硲、金竹秋苑、大六泉嶽、千葉蒼玄

 <審査員>漢字1類=伊藤吟雪、稲葉如龍、奥村静香、奥村素紅、加瀬澄春、片野錦秋、金子草風、川口雄峰…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです