メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
教えて!池上さん

旬なトピック 米政府機関、なぜ閉鎖? 壁の建設費用めぐり、長期間予算成立せず 解除後も対立続く

 <くらしナビ 学ぶ>

 アメリカの政府機関の一部が1カ月以上にわたって閉鎖しました。議会が作成した予算案にトランプ大統領が署名をしないため、予算が成立せず、その間は国家公務員に給料が払(はら)えなくなったからです。

 アメリカの連(れん)邦(ぽう)政府機関の一部が閉鎖されたニュースが報じられています。連邦政府の職員、つまり日本風に言えば国家公務員に払う給料や仕事に必要な経費は、予算が成立して初めて支出できます。ところが、アメリカでは年間予算が成立していないのです。予算案は議会がつくり、大統領が署名して成立します。大統領が予算案をつくることはできないのです。

 トランプ大統領は選挙中、「メキシコとの国境に壁(かべ)を建設し、不法移民が入って来ないようにする」…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1412文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです