メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

荒磯親方デビュー 「スーツ似合う」に照れ 配属は指導普及部に

年寄総会に出席後、記者の質問に答える元横綱・稀勢の里の荒磯親方=東京・両国国技館で2019年1月31日、丸山博撮影

 大相撲初場所で引退した元横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が、荒磯親方としての第一歩を踏み出した。1月31日は年寄総会出席のためスーツ姿で東京・両国国技館に初出勤。日本相撲協会の指導普及部に配属され、本場所中は場内警備などにあたる見込みだ。その意気込みとともに、現役引退で一変する生活など、先輩親方が語る“新米”ならではの苦労を追った。【飯山太郎】

 初場所後に開かれる年寄総会では例年、その年の職務が全親方に言い渡される。荒磯親方は先輩親方より30…

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2030文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです