メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

荒磯親方デビュー 「スーツ似合う」に照れ 配属は指導普及部に

年寄総会に出席後、記者の質問に答える元横綱・稀勢の里の荒磯親方=東京・両国国技館で2019年1月31日、丸山博撮影

 大相撲初場所で引退した元横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が、荒磯親方としての第一歩を踏み出した。1月31日は年寄総会出席のためスーツ姿で東京・両国国技館に初出勤。日本相撲協会の指導普及部に配属され、本場所中は場内警備などにあたる見込みだ。その意気込みとともに、現役引退で一変する生活など、先輩親方が語る“新米”ならではの苦労を追った。【飯山太郎】

 初場所後に開かれる年寄総会では例年、その年の職務が全親方に言い渡される。荒磯親方は先輩親方より30…

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです