メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賃金構造基本統計

不正は「25年以上」 旧労働省から脈々 関係者証言、予算不足で訪問調査「不可能」

賃金構造基本統計調査の調査票のサンプル=藤井達也撮影

 「毎月勤労統計」に続き、厚生労働省で新たに発覚した「賃金構造基本統計」の不正問題は、担当室長による隠蔽(いんぺい)疑惑に発展した。長年続いてきたとされる不正は誰がどんな経緯で始めたのか。調査の実務を担う労働局の関係者は毎日新聞の取材に「四半世紀前から続いている」と証言した。毎月勤労統計も少なくとも1996年に不正があったことが明らかになっており、二つの統計不正は旧労働省時代から温存されてきた可能性が強まっている。【大久保昂、神足俊輔】

 「記憶では役所に入った25年以上前から郵送でやっていました」

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1414文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです