メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賃金構造基本統計

不正は「25年以上」 旧労働省から脈々 関係者証言、予算不足で訪問調査「不可能」

賃金構造基本統計調査の調査票のサンプル=藤井達也撮影

 「毎月勤労統計」に続き、厚生労働省で新たに発覚した「賃金構造基本統計」の不正問題は、担当室長による隠蔽(いんぺい)疑惑に発展した。長年続いてきたとされる不正は誰がどんな経緯で始めたのか。調査の実務を担う労働局の関係者は毎日新聞の取材に「四半世紀前から続いている」と証言した。毎月勤労統計も少なくとも1996年に不正があったことが明らかになっており、二つの統計不正は旧労働省時代から温存されてきた可能性が強まっている。【大久保昂、神足俊輔】

 「記憶では役所に入った25年以上前から郵送でやっていました」

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです