メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大前監督書類、警視庁近く送付 傷害指示不認定か

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、警視庁が傷害容疑で内田正人前監督(63)と井上奨(つとむ)元コーチ(30)の捜査結果を近く東京地検立川支部に書類送付する方針を固めたことが4日、捜査関係者への取材で明らかになった。明確な傷害の意図を持った指示は認定しない見通しで、刑事責任を問うのは難…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです