メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平和をたずねて

昭和の戦争を語る/7 大連 日本人街の小学校=広岩近広

 日本が中国・遼東半島を占領していた戦前の一時期、大連には聖徳街と呼ばれた日本人の住宅街があった。丘の上には聖徳太子堂が建っていた。近くの大連放送局(JQAK)はモダンな建物で、屋上から市街を眺めることができた。

 そのような大連にあって、岩井忠熊さんが入学したのが聖徳小学校だった。

    ※   ※

 --聖徳小学校は、私の家から歩いて10分足らずの距離でした。当時の大連の小学校では、国定教科書を使って本土と同じ授業をしています。40人ほどのクラスには、中国人の子どもが1人か2人いましたが、日本語が上手でした。

 国定教科書には、見たこともない田園風景や着物姿の児童の絵などが載っていました。高粱(コーリャン)(…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1166文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです