メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/20 漫画家・細川貂々さんの文楽 こまやかに、人形たちの生気

一人遣い用の人形を手に笑顔を見せる細川貂々さん=大阪市中央区で、望月亮一撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

新鮮に響く古い大阪弁 見たままに受け止める

 『ツレがうつになりまして。』などの作品で知られる漫画家の細川貂々(てんてん)さん(49)は、4年前から国立文楽劇場(大阪市中央区)の文楽公演に欠かさず足を運んでいる。宝塚歌劇の大ファンでもあるが、関西ゆかりの伝統芸能の舞台にはひと味違う魅力があるそうだ。

 1月下旬の午後、「初春文楽公演」でにぎわう劇場で落ち合った。まずは「資料展示室」へ。台本にあたる「…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文1849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです