メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/20 漫画家・細川貂々さんの文楽 こまやかに、人形たちの生気

一人遣い用の人形を手に笑顔を見せる細川貂々さん=大阪市中央区で、望月亮一撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

新鮮に響く古い大阪弁 見たままに受け止める

 『ツレがうつになりまして。』などの作品で知られる漫画家の細川貂々(てんてん)さん(49)は、4年前から国立文楽劇場(大阪市中央区)の文楽公演に欠かさず足を運んでいる。宝塚歌劇の大ファンでもあるが、関西ゆかりの伝統芸能の舞台にはひと味違う魅力があるそうだ。

 1月下旬の午後、「初春文楽公演」でにぎわう劇場で落ち合った。まずは「資料展示室」へ。台本にあたる「…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文1849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです