連載

たしなみの文化考

文化人、識者らの趣味・嗜好(しこう)を紹介しながら本業との相関や豊かな生き方を探ります。

連載一覧

たしなみの文化考

/20 漫画家・細川貂々さんの文楽 こまやかに、人形たちの生気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一人遣い用の人形を手に笑顔を見せる細川貂々さん=大阪市中央区で、望月亮一撮影
一人遣い用の人形を手に笑顔を見せる細川貂々さん=大阪市中央区で、望月亮一撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

新鮮に響く古い大阪弁 見たままに受け止める

 『ツレがうつになりまして。』などの作品で知られる漫画家の細川貂々(てんてん)さん(49)は、4年前から国立文楽劇場(大阪市中央区)の文楽公演に欠かさず足を運んでいる。宝塚歌劇の大ファンでもあるが、関西ゆかりの伝統芸能の舞台にはひと味違う魅力があるそうだ。

 1月下旬の午後、「初春文楽公演」でにぎわう劇場で落ち合った。まずは「資料展示室」へ。台本にあたる「床本」や三味線などの道具に触れるコーナーで一人遣いのツメ人形を手にした細川さんは首(かしら)をクイッと動かし「可愛いです」とにっこり。三人遣いの人形はこまやかな表現力を持つ。この人形が、細川さんを文楽の世界に引き込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1849文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集