メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレンタイン商戦

熱く 脱「義理」こだわりの一品 体験コーナー、異業種コラボも

 2月14日のバレンタインデーに向けた商戦が熱を帯びている。近年は、自分へのご褒美用にチョコレートを購入する人が増えているため、「こだわりの一品」の売れ行きが好調だという。福岡市内の百貨店各店は、チョコについて学ぶ場を売り場に設けたり、異業種とのコラボ商品を集めたりして、知恵を絞っている。【久野洋】

 岩田屋本店は1月30日から、11カ国の約100ブランドを集めたチョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」を開催している。特設会場には、ヨーロッパの著名な職人が手がけた高級チョコが並ぶほか、カカオ豆からチョコを作る工程を紹介するコーナーを開設。工程ごとのカカオを手にとって楽しめる。来場者の知的好奇心を刺激するのが狙いだ。前年の2倍に広げたイートインコーナーでは、7ブランドがチョコ味のアイスクリームや、チョコとシャンパ…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです