メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

なんて「非常識な冷蔵庫」だ! 冷蔵室「全部チルド」かつ、下2段が「自在に切り替え可能」って…(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

上から、冷蔵室・チルド室・野菜室・冷凍室、または、冷蔵室・チルド室・冷凍室・野菜室。今の冷蔵庫はだいたいこのレイアウト。冷蔵庫を買ったらずーっとこのレイアウトで使い続けます。まあ、そういうものだと思いこんでいて、それに疑問を持つ人はほとんどいないでしょう。

 

でも、ちょっと待って。家族の形態やライフスタイルの多様化が叫ばれるなか、冷蔵庫のレイアウトも自由であるべきじゃない? …と、自由な発想で冷蔵庫の開発に取り組んだのが日立です。

 

冷蔵庫の使い方は年代や嗜好、生活スタイルによって大きく違う

同社が実施したアンケートによると、年代と家族構成によって冷蔵庫の収納量に変化が現れるそうです。例えば、小学生以上の子どもがいる世帯と60代のシニア世代では冷凍室の収納量が多くなったり、年齢が上がるにつれて野菜室の収納量が増えたり。

 

実際にユーザーの使用実態を調査してみると、若い世代・子どもがいる世帯では冷凍室には市販の冷凍食品をたくさん保存し、野菜室はボトル飲料の収納に利用して野菜は少なめ。逆に、シニア世代は野菜室にはさまざまな野菜をたっぷり収納し、冷凍室は調理素材や調理済み食品などをジッパーに小分けして保存していました。

↑子どもがいる世帯は冷凍室の収納量が多く、シニア世代は野菜室の収納量が増えるなど、冷蔵庫の使い方は年代や家族構成で変化します

 

↑実際にユーザー宅で冷蔵庫の中身を見せてもらうと、若い世代の野菜室はスカスカ

 

さらに、お酒をよく飲む、共働きで週末にまとめて調理して冷凍保存する、健康志向で野菜をたくさん食べる、複数人のお弁当を毎日作る、といった個人の嗜好やスタイルに応じて、冷蔵庫の使い方は一人ひとり違い、それぞれに使いやすいレイアウトがあるはずだ…そう考えた日立は今回、ともに567Lの大型冷蔵庫、R-KX57K(実売予想価格・税抜43万円 3月中旬発売)とR-KW57K(実売予想価格・税抜41万円 2月下旬発売)の2モデルを発売すると発表しました。

 

こちらは、先述のような多様化するニーズに応えるため、下2段の引き出し収納室が冷蔵室にも冷凍室にも野菜室にも切り替えできる「ぴったりセレクト」機能を搭載しています。

 

下から2つの引き出しが冷蔵/冷凍/野菜室の3通りに切り替え可能

↑新型冷蔵庫では下2段の引き出し室が自由に温度設定できます

 

本機は下から2つの引き出しが3通りに使えるので、例えば、冷凍食品をよく使う家庭は上段:冷凍室/下段:野菜室、大根や白菜など重い野菜の出し入れがつらいシニア世代は上段:野菜室/下段:冷凍室、といった使い方ができます。また、上下2段ともに冷蔵室/冷蔵室、冷凍室/冷凍室、野菜室/野菜室といった極端な使い方も可能です。

↑食習慣や家族構成、年齢で2つの引き出し室を自由に組み合わせ可能。冷凍×2といった使い方も可能です

温度コントロールを可能とするフラップとファンを新開発

この新しい使い方を実現するため、日立では大開口フラップと大風量ファンを新開発しました。引き出し上下2段を冷凍室にした場合、さらに中段の製氷室と小型冷凍室を加えると256Lの大容量を約-22℃の冷凍状態まで冷やす必要があります。その点、新開発の大風量ファンにより、冷却器の冷気を全体にすばやく回すことでこれを解決しました。

 

一方、野菜室は約6℃と高い温度にする必要があるため、大開口フラップを閉じて冷気が直接庫内に流入するのを防ぎ、冷却器からの伝熱だけで箱の外から優しく冷却。冷気が直接庫内に流入しないので野菜の乾燥も防げます。

↑フラップの開閉によって冷気をコントロールし、野菜室・冷蔵室・冷凍室それぞれに合った温度でセレクト室を冷やします

 

↑大開口フラップの実物

 

「真空チルド」ではなく、新たな2つの機能を搭載

新モデルにはさらにもう一つの大きな変更点があります。上段の大きな冷蔵室全体を約2℃に保つ「まるごとチルド」機能、冷蔵室最下段には約-1℃の「特鮮氷温ルーム」を搭載しました。

↑冷蔵室全体をチルド化して鮮度長持ち。肉・魚を保存するのは特鮮氷温ルームに

 

これまで同社では、「真空チルド」機能を一番の特徴としてアピールしてきました。いまや日立冷蔵庫の代名詞となっている「真空チルド」は、密閉したチルドルームを約0.8気圧の真空環境にし、食品の酸化と乾燥を抑えて新鮮さを保つ人気機能。ただ、もともと肉・魚用に開発されたチルドルームにもかかわらず、実際はさまざまな食品が詰め込まれていっぱいとなり、肉・魚が逆に冷蔵室に押し出される家庭も多いそう。一方、冷蔵室では週末に作り置きした惣菜を保存し、少しずつ4~5日かけて使い切るという、チルドルーム向けの使い方をする家庭も多いとのこと。つまり、チルドルームの大型化に対するニーズは高いのです。

 

そこで、日立では大容量の冷蔵室全体をチルド化。これまでも、約2℃設定の「うるおい低温冷蔵」機能はありましたが、広い庫内にさまざまな食材が詰め込まれるので、冷蔵室全体をムラなく約2℃に維持することは困難でした。しかし今回、風路設計を見直すことで冷却速度を改善。冷蔵室のどこに何を置いてもすばやく約2℃を維持できるようになったのです。傷みが気になる肉・魚は約-1℃の「特鮮氷温ルーム」に、それ以外は全部冷蔵室にと、これからはどこに入れたらいいのか悩む必要がなくなりますね。

↑冷蔵室背面中央から上方向と横方向に冷気を送ることで室内全体をムラなく冷やすことに成功しました

「まるごとチルド」「特鮮氷温ルーム」は食材の乾燥も抑制できる

さらに、「まるごとチルド」冷蔵室および「特鮮氷温ルーム」はともに食材が乾きにくい構造になっています。従来の冷蔵庫は1つの冷却器で冷蔵庫全体を冷やすため、吹き出し温度が約-25℃と超低温で乾燥した冷気を冷蔵室にも回していました。しかし、新モデルでは冷蔵室専用の冷却器を搭載することで、約-10℃の比較的高めで水分を含んだ冷気を冷蔵室に送り込めるようになったのです。これにより、生野菜や惣菜などは短時間の保存ならば、ラップなしでも乾燥や変色を抑えることができるようになったのです。

↑まるごとチルドで1日ラップなしで保存したカット野菜(右)は、一般的な冷蔵室に比べて保有水分量が多いため、ふんわりしています

 

↑スライスチーズも、まるごとチルドで保存した場合、ラップなしでも乾きが少ない

 

また、「特鮮氷温ルーム」は冷気を中に入れない気密構造とすることで、さらに乾燥に強くなっています。スライスハムなどはラップなしでも3日間は乾燥せずに鮮度を保持できるとのことです。

↑特鮮氷温ルームは気密性を高め、冷気を食品に直接当てない構造

 

↑特鮮氷温ルームで3日間ラップなし保存したハムは、真空チルドと同等のしっとり感。2017年度モデルの氷温ルームはカラカラに乾いています

 

↑刺身も同じく3日間ラップなしで保存。特鮮氷温ルームは真空チルドと同等の潤いを保っています。2017年度モデルのは表面が乾いていました

なお、工場出荷時はまるごとチルド機能がオン状態になっていますが、一般的な冷蔵室の温度である4~6℃に設定することも可能。水気の多い食材が凍りがちだと思ったら自分で設定温度を変更すればよいのです(ただし、「特鮮氷温ルーム」は約-1℃固定で温度設定は変えられません)。

↑まるごとチルド室の中にあるパネルで引き出し室の切り替えやまるごとチルドルームの温度設定ができます

 

上位モデルR-KX57Kはスマホ連携が可能

さて、「ぴったりセレクト」「特鮮氷温ルーム」を搭載した新モデルはR-KX57KとR-KW57Kの2タイプがありますが、両者の違いは「スマホ連携するか否か」です。

 

R-KX57Kは無線LANを搭載し、スマートホンとの連携機能を搭載したコネクテッド家電。冷蔵庫のドアが開いていたらスマホのアラームを鳴らすほか、食材管理ができる食材管理機能も搭載しています。これは、買い物してきた食材を冷蔵庫に入れる前にスマホのカメラで写真を撮ると、撮影日とともにリスト化するもの。冷蔵庫の中に何があるのかがスマホでチェックできるほか、撮影した日からの経過日数が表示され(消費期限・賞味期限も入力可能)、期限切れによる食材の破棄を防ぐこともできます。

↑アプリの「食材管理」画面。写真をとるだけで食材を購入した日をリスト化。撮影日から30日経過すると赤字になって警告します

 

新機能は570Lクラスで市場の評価を見る構え

ちなみに、日立は「真空チルド」や、プラチナ触媒によって野菜を眠らせるように保存する「新鮮スリープ野菜室」を搭載するモデルも継続していく考え。「ぴったりセレクト」「特鮮氷温ルーム」搭載モデルは570Lクラスで展開し、市場の評価を見る方針だといいます。

 

今回発表された新モデルは、ライフステージの変化に応じて引き出し室を切り替えられるのが便利な点。子どもが中高生になって弁当が必要になったら冷凍庫を増やし、子どもが独立して夫婦二人になったら野菜室を増やして健康的に、お盆・正月に子どもたちが帰省してきたら冷凍庫を増やす……というように、その時々の家族の状態で自在に変更できるのが便利です。一方で、野菜の鮮度を重視する人は「新鮮スリープ野菜室」を搭載した従来モデルを選んでもよし。今回のラインナップ拡充により、同社の冷蔵庫はより層が厚くなったといえるでしょう。

【関連記事】
そのデカイ窓、まだヒトが掃除してるの? 洗剤も噴射する窓掃除ロボット「ウインドウメイト」をチェック!
エアコンの「風がクサい問題」ついに終結か? 自力で水を作り、内部を洗う新モデル登場
「ビジュアルより花粉」という方へ。ムレずに快適「花粉ブロッカー2」をどうぞ
象印ってこんなオシャレだっけ…? イメージを裏切る「新ブランド4家電」を期間限定ショップで体験!
「糖質カット炊飯器」だけに…スリムになって再登場! 気になる進化ポイントはコチラ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです