メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

海外の人が「手巻き寿司」を食べたら、どんな感想を抱く? 採点もしてもらった(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

日本の伝統料理や国民食、またはトレンドフードなどを様々な国の人に試してもらう企画が本連載です。今回のテーマは、手巻き寿司。その元祖「築地玉寿司」の4品を比較してみました。

 

【試してくれた人】

アメリカ:ブレンダン・エリスさん
好きな食べ物はピザ。寿司のネタは、まぐろが一番。

 

チリ:ヴァレンティーナ・エレラさん
ラザニアが好物。寿司ではサーモンをよく食べる。

 

スペイン:ルイス・マルティンさん
好物は自国のスープ「ガスパチョ」。魚はウナギが好き

 

 

【エントリーNo.1】

 

築地玉寿司
かんぴょう巻
216円

夕顔の果実の乾物・かんぴょうを、甘じょっぱく煮た伝統ネタ。素朴な味が特徴です。

 

【5点満点で評価】

ブレンダンさん 4.0
ヴァレンティーナさん 3.0
ルイスさん 3.0
total 10.0/15.0

「漬物みたいだけどちょっと違う、不思議なおいしさだね。やさしい味で僕は好きだよ」(ブレンダンさん)

「野菜の繊維みたいな食感があるね。魚のネタじゃないところが、かえって面白いんじゃない?」(ルイスさん)

 

 

【エントリーNo.2】

 

築地玉寿司
いくら巻
432円

厳選されたいくらを醤油で味付け。弾ける粒から溢れる濃厚なうまみが魅力。

 

【5点満点で評価】

ブレンダンさん 3.5
ヴァレンティーナさん 3.5
ルイスさん 3.0
total 10.0/15.0

「初めて食べたけど、予想していた生臭さはなくてデリシャス。ライスとの相性もいいわ」(ヴァレンティーナさん)

「弾けてエキスがとろける感じは、まるでグレープのようだね。ジューシーでおいしいよ!」(ブレンダンさん)

 

 

【エントリーNo.3】

 

築地玉寿司
とろたく巻
432円

脂がのったまぐろの中落ちに、刻んだたくあんをトッピング。メリハリが美味。

 

【5点満点で評価】

ブレンダンさん 4.0
ヴァレンティーナさん 5.0
ルイスさん 5.0
total 14.0/15.0

「このピクルスみたいな食材が、まぐろの味を引き立ててるね。これはファンタスティック!」(ルイスさん)

「まぐろが肉々しくて存在感があるわ。たくあんは歯応えが絶妙。コントラストがおいしい」(ヴァレンティーナさん)

 

 

【エントリーNo.4】

 

築地玉寿司
納豆巻
216円

納豆はひきわりを採用。シャリとの一体感が高まり、食べやすいのが特徴。

 

【5点満点で評価】

ブレンダンさん 3.0
ヴァレンティーナさん 1.0
ルイスさん 2.0
total 6.0/15.0

「発酵のにおいというよりは、薬っぽいフレーバーを感じたわ。しょうゆがないと私は無理」(ヴァレンティーナさん)

「食べられなくはないけど、においと粘りがちょっと気になるね。あえて注文はしないかな」(ブレンダンさん)

 

 

 

【今回の一番人気!】ツナでなじみのあるまぐろが圧倒的な人気

まぐろは、ツナや「MAGURO」の名で海外にもあるとか。そこにピクルス感覚のたくあんがのった、とろたくが断トツで人気だった。

 

 

LIFE PEPPERとは?

外国人ネットワークを活用し、日本企業の海外進出支援とインバウンド観光支援を行っています。市場調査からWeb広告までサービスの幅は広く、外国人のアサインもできる総合マーケティング企業です。

 

 

文/中山秀明 イラスト/マガポン 撮影/我妻慶一

【関連記事】
【カップラーメン総選挙】熱狂的なファンのいる「通好み」系ベスト5
コストコの調味料が万能!ミックスハーブ「エルブ・ド・プロバンス」でできる絶品グルメ
【街中華の名店】「淡麗系チャーハン」と命名したい! シンプルを極めた本駒込「兆徳」
【カップラーメン総選挙】ジャンク感うすめでも満足できる 「ヘルシー」系ベスト5
超・濃厚さにどハマり必至を確信。「しゃぶしゃぶ温野菜」の冬限定クワトロチーズ鍋を食べた

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです