二階氏が細野氏の自民入党意向を歓迎 党内に摩擦も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党二階派の派閥総会後、記者団の取材に応じる細野豪志元環境相=東京都内で2019年1月31日午後1時10分、竹内望撮影
自民党二階派の派閥総会後、記者団の取材に応じる細野豪志元環境相=東京都内で2019年1月31日午後1時10分、竹内望撮影

 自民党の二階俊博幹事長は5日の記者会見で、二階派に「特別会員」として入会した細野豪志衆院議員(無所属)が自民党入りを希望していることについて「喜んで入党を歓迎する」と期待感を示した。しかし、細野氏は旧民主党政権で要職を務め、自民党を批判してきた。二階氏を除く党幹部からは細野氏の入党をけん制する発言が相次ぎ、党内に摩擦が生まれている。

 二階氏は会見で、党内の慎重論を念頭に「自民党が謙虚に受け入れるだけの雅量がなきゃダメだ」と指摘。「自民党になかった新鮮な意見を積極的に注入していただくことを期待する」と語った。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集