メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賃上げ手法で見解の違い浮き彫り…春闘労使トップ会談

 経団連の中西宏明会長と連合の神津里季生会長が5日東京都内で会談し、2019年春闘が本格始動した。賃上げの必要性や企業間の格差是正などの課題認識では一致した労使トップだが、具体的な賃上げ手法などを巡っては見解が異なり、両者の立場の違いが改めて浮き彫りになった。

 「引き続き月例賃金はど真ん中でこだわる」。経団連との会談後に報道陣の取材に応じた連合の神津会長は、春闘の最大の関心事である賃上げについて原則論を繰り返した。背景にあるのは賃上げの恩恵が一部の大企業に偏り、中小企業や地方企業などを含めた日本全体に波及していないとの危機感だ。連合としては基本給を底上げするベースアップ(ベア)を含み、安定的な要素の強い月給に当たる月例賃金の賃上げを求める。

 自動車総連がベアの統一要求を掲げず、トヨタ自動車労働組合もベア要求額を示さなくなるなど、労組側はベ…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです