メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2人の大統領」が並び立つ 南米ベネズエラの政情不安

ベネズエラの「2人の大統領」

 南米ベネズエラで「2人の大統領」が並び立つ政情不安が続いている。1月10日に2期目就任式を行った反米左派マドゥロ大統領をロシア、中国、イラン、キューバなどが支持。一方、1月23日に暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長を米国やカナダ、ブラジル、欧州など計約30カ国が支持し、国際社会を二分している。ベネズエラ国内では反政府デモが多発。マドゥロ政権を支持するデモもあり、社会も分断されている。ベネズエラ軍の動向が今後の鍵を握るため、2人の大統領はいずれも軍に対し支持するよう働きかけている。

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2207文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです