メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ“異常事態” インフレ率100万%超、食糧不足なども

 「2人の大統領」が並び立つ異常事態のきっかけは、マドゥロ氏が再選された昨年5月の大統領選で有力野党候補の出馬が禁止されたことだ。今年1月10日、マドゥロ氏は2期目の就任式を行ったが、野党は「正統性がない」として認めなかった。米国など米州19カ国もマドゥロ氏の2期目を承認しなかった。

     マドゥロ氏を大統領と認めない野党は「大統領は存在しない」と主張。ベネズエラ憲法は、大統領不存在の場合に国会議長が暫定大統領に就くと定めており、この規定に基づいてグアイド国会議長は1月23日に暫定大統領就任を宣言した。

     ベネズエラには、野党が多数派の国会と、与党が支配する制憲議会の「二つの議会」も存在する。15年の選挙で国会は野党が過半数を占めた。だがマドゥロ政権は17年7月、新憲法制定のための制憲議会選挙を実施。野党の選挙ボイコットで与党が掌握した制憲議会は、国会の権限を剥奪した。

     マドゥロ政権では原油価格下落と経済政策失敗で、昨年のインフレ率は100万%超とされる。食糧などが不足し、300万人が「難民」として、コロンビアやブラジルなど周辺諸国に脱出したとみられている。【サンパウロ山本太一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
    3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
    5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです