メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判断ミス?背筋凍る 記者が冬山遭難救助訓練に参加

ゾンデ棒を使って雪中のリュックサックを探す中村聡也記者(中央)=秋田仙北市の秋田駒ケ岳で2019年2月1日、田口俊彦撮影

 雪化粧した秋田県内の山々。遠くから見ると美しさに目を奪われるが、登山愛好家などの遭難事故が絶えない。救助に当たる消防隊員や警察官はこの時期どんな訓練をしているのだろうか。仙北市の冬山で行われた合同訓練に参加させてもらった。【中村聡也】

 1日早朝、秋田市の自宅アパートから仙北市東部の秋田駒ケ岳(標高1637メートル)の中腹、標高約700メートル地点にある集合場所の温泉施設に向かった。車で約2時間。午前9時に到着すると雪が舞っていた。「氷点下12度。訓練にもってこいですね」。仙北市総合防災課の男性職員が笑顔で迎えてくれた。この日の合同訓練には、地元の消防署員や警察署員、仙北市職員ら約30人が参加するという。

 施設内で、雪崩に巻き込まれるなどした要救助者のレスキュー方法などの講義を約1時間受けた後、雪山での…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです