メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉市パートナーシップ宣誓 船橋から転居の2人「理解進むよう行動」

1月29日に取得したばかりの「パートナーシップ宣誓証明カード」を手にする伊藤悟さん(左)と簗瀬竜太さん。手前は宣誓証明書=千葉市花見川区で2019年1月30日12時13分、小林多美子撮影

 LGBTなど性的少数者や事実婚などのカップルを「パートナー」として公的に認めるパートナーシップ宣誓制度が1月29日に千葉市で始まった。この日、最初の宣誓をした伊藤悟さん(65)と簗瀬竜太さん(56)は長年船橋市で暮らし、当事者団体の活動拠点としてきたが、制度を利用するため、千葉市に転居した。2人は「制度を実のあるものにするため、自分たちも理解が進むように行動していきたい」と話している。【小林多美子】

 2人は1986年から交際し、94年に当事者団体「すこたんソーシャルサービス」を設立した。伊藤さんが…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです