千葉の小4女児虐待死 母親「十分な食事与えず」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された母なぎさ容疑者(31)が「娘(心愛さん)に十分な食事を与えていなかった」と供述していることが5日、捜査関係者への取材で明らかになった。県警は虐待をくり返していた父勇一郎容疑者(41)=同容疑で逮捕=になぎさ容疑者も同調していたとみて、事件当日の状況について調べている。

 捜査関係者によると、1月24日深夜に自宅の浴室で死亡しているのが見つかった心愛さんは極端にやせてはいなかったものの、司法解剖したところ、胃の内容物はほとんど残っていなかったという。県警は心愛さんが数日間食事を与えられていなかった可能性もあるとみて調べている。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文483文字)

あわせて読みたい

ニュース特集