メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋夫婦強盗殺人初公判 弁護側、殺人罪と窃盗罪の適用を主張

 名古屋市南区の無職、大島克夫さん(当時83歳)と妻たみ子さん(当時80歳)が2017年3月に自宅で殺害され財布などを奪われた事件で、強盗殺人罪に問われた無職、松井広志被告(44)は5日、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)であった初公判で「弁護士さんにお任せします」と述べた。弁護側は犯行は認めるが、殺人罪と窃盗罪を適用すべきだとした。

 検察側は冒頭陳述で、当時借金や飲食店のツケの支払いに困窮し、金があると思っていた大島さん宅を襲おう…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです