ラット体内でマウス腎臓作製に成功 複雑で大きな臓器では初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラットの体内でマウスの腎臓を作製した方法
ラットの体内でマウスの腎臓を作製した方法

 ラットの受精卵にマウスのES細胞(胚性幹細胞)を入れて子宮で育てることで、生まれてきたラットの体内にマウスの腎臓を作製することに成功したと、自然科学研究機構生理学研究所などのチームが発表した。複雑で大きな臓器である腎臓を、異なる種の動物の体内で作ったのは初めてだという。

 成果は6日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

 チームの同研究所の後藤哲平・特任研究員によると、ラットを遺伝子改変し、腎臓を作れなくした受精卵を作製。マウスのES細胞を7個注入して子宮に移すと、ラットの子どもの体内にマウスの腎臓ができた。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文629文字)

あわせて読みたい

注目の特集