メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「ビズリーチ・キャンパス名大」 名古屋大がロビー命名権契約

「ビズリーチ・キャンパス名大」に愛称が決まった文系教務課学生ロビー=名古屋大東山キャンパスで2019年2月1日、川瀬慎一朗撮影

 名古屋大(名古屋市千種区)は、人材サービス「ビズリーチ」(東京都)とネーミングライツ(命名権)契約を結び、1日から東山キャンパス内の文系教務課学生ロビーの愛称が「ビズリーチ・キャンパス名大」となった。期間は2023年3月までの4年2カ月。名大によると、東海3県の大学でネーミングライツが導入されるのは初という。

 国からの交付金削減などで財政環境が厳しさを増す中、教育研究環境の向上などを目指してネーミングライツ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文546文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです