メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内田前監督ら2人に傷害容疑なし 発言や会話裏付けられず 警視庁、第三者委と反対の結論

悪質タックルを巡る警視庁の捜査結果

 日本大アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルをした事件で、警視庁は5日、日大の内田正人前監督(63)と井上奨(つとむ)元コーチ(30)に傷害容疑はなかったと判断し、捜査書類を東京地検立川支部に送付した。同支部は2人を不起訴にするとみられる。日大の第三者委員会などは元指導者2人の指示に「けがをさせる意図」があったと認定していたが、警視庁は反対の結論を出した。【春増翔太、山本佳孝、土江洋範】

 タックルをした宮川泰介選手(20)については傷害容疑で書類送検したが、被害者との間で示談が成立していることなどから、厳しい処分は求めず、不起訴になる見通し。

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文1970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです