アバターで「かっこよい自分」 ゼペットが世界中で人気 ユーザー5000万人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自分にそっくりのゼペットと同じポーズをする女性(SNOW Japan提供)
自分にそっくりのゼペットと同じポーズをする女性(SNOW Japan提供)

 仮想空間の自分の分身を可愛く、かっこよく――。自分にそっくりの3Dアバター(仮想空間上の分身)が作れるアプリ「ZEPETO(ゼペット)」が若者を中心に注目を集めている。画面上だけでなく、現実世界の風景を合成した写真を作ることもできるため、全世界で現実と仮想空間の融合に魅了され、ユーザーは5000万人を突破した。

 ゼペットは、ソフトウエア会社「SNOW Japan」(東京都新宿区)が提供するアプリケーション。2018年8月下旬にリリースし、11月にはアメリカ、中国など世界35カ国で新規ダウンロード数1位を記録した。日本では昨年9月に入って少しずつダウンロード数が伸びて1位を獲得している。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1188文字)

あわせて読みたい

注目の特集