メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

さらば平成! 31年前の「元年」に華々しく誕生した世界に誇れる国産車5選

情報提供:カートップ

さらば平成! 31年前の「元年」に華々しく誕生した世界に誇れる国産車5選

世界の名だたるメーカーに影響を与えたクルマも誕生

 平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動の時代であった。激動だったのは日本車の大躍進や次々と変わったユーザーの志向の変化など、時代を映す鏡とも言われるクルマも同じだった。そこで平成の終わりを期に、平成を駆け抜けたインパクトあるクルマを良かったほう、悪かったほうを含めて振り返ってみたいと思う。まずは平成元年編だ。

■平成元年(1989年)ってどんな年?

 1月7日の昭和天皇の崩御があったものの、時代は4万円に迫った日経平均株価を筆頭にしたバブル景気の絶頂期に達するなど、概ね明るい時代であった。自動車業界では東京モーターショーの開催地が晴海から幕張メッセに移り、モータースポーツ業界でも豪雨のF1最終戦オーストラリアGPで日本人初のF1レギュラードライバーである中嶋 悟選手がファステストラップ(レース中もっとも早いラップタイム、記録のひとつ)を記録しながら4位に入賞するという明るいニュースもあった。

1)初代トヨタ・セルシオ

 初代セルシオは「北米をメインマーケットにした世界の名立たるブランドに勝負を挑んだ高級車」として登場。初代セルシオは後発なだけにスバ抜けた静粛性を含めた快適性の高さ、各部の高いクオリティ、250km/hの最高速と低燃費の両立、コストパフォーマンスの高さといったそれまでなかったベクトルでライバル車に対抗。

平成の名車

 目標達成のため各部品の精度などをいちから見直すなどの大プロジェクトとなったが、その甲斐あってベンツやBMW、ジャガーといったライバル社が初代セルシオに学んだり、大きな影響を受けるほどの大成功を納めた。日本車は海外のクルマに影響を受けることは多くても、その逆は少ないこともあり、初代セルシオは日本自動車史に残る1台と断言できる。

平成の名車

2)日産スカイライン(8代目・R32)

 スカイラインはモータースポーツでの活躍もあり、昭和50年代までは日本人の憧れるクルマの1台だった。しかし6代目モデルあたりからトヨタがマークII三兄弟などで展開したハイソカーに押されはじめ、7代目モデルの4ドア車はマークII兄弟や日産社内でマークII三兄弟の直接的なライバル車となるローレルとの違いが分かりにくい、自分を見失ったクルマになってしまった。

平成の名車

 そんな状況下で8代目スカイラインは「スカイラインに求められるのは豪華さやワイドバリエーションではなく、やっぱり実用性とスポーツ性の両立なんだ!」という強いポリシーを持って登場。

 ボディサイズを小さくし、大幅な軽量化とエンジンのパワーアップを行い、相乗効果で動力性能を一気に向上。エンジンパワーを受け止めるシャシーも強い剛性を持つボディに四輪マルチリンクというタイヤを有効に接地させるサスペンションを組み合わせ、スカイラインらしい運転する楽しさや高いコントロール性を備えた。

 さらにスカイラインに薄れていた「モータースポーツでの強さ」というイメージも持たせるべく、最強モデルとして17年振りにGT-Rも復活。GT-Rは当時のグループAレース制覇に向け、レギュレーションに合わせてハードチューニングを施せば600馬力に達する2.6リッター直6ツインターボエンジンに、そのパワーを余すことなく路面に伝えながら高いコーナリング性能も両立するアテーサE-TSと呼ばれる4WDを採用。GT-Rは日本のグループAレースでの全戦全勝、数々の海外レースの制覇といったスカイラインに求められる強すぎるほどの強さを残した。

平成の名車

 またGT-Rはそのポテンシャルの高さにより、チューニングカーのベースとしても絶大な人気を集めた。それだけに8代目スカイラインは登場から30年が経った今でも世界中にファンがいるモデルである。ただ景気の動きもあるにせよ、8代目スカイラインは室内やトランクが決して広いクルマではなかったのが原因だったのか、販売台数ではわずかにせよあれだけ不評だった7代目モデルにおよばなかったのは、ちょっと皮肉でもある。

平成の名車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです