メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

利用者からの不満が噴出! トヨタがJPNタクシーの車いす乗降機能を改良

情報提供:カートップ

利用者からの不満が噴出! トヨタがJPNタクシーの車いす乗降機能を改良

車いす取り付け作業にかかる時間を3分に短縮

 トヨタはJPN TAXI(ジャパンタクシー)の既販車へ、無償で車いす乗降機能に改善を施すことを発表、また2019年3月に発売予定の一部改良車両の車いす乗降機能についての内容を明らかにした。

JPN TAXI

 2017年10月23日に発売したJPN TAXI(ジャパンタクシー)だが、車いすの乗客やタクシー事業者から、車いす乗降用スロープの設置作業が複雑で、困難な状況が生じているとの声が多く寄せられた。実際車いすの取り付け作業は10分でできるとして発売されたが、15分ほどかかるなどの声もあったとのこと。そこで今回トヨタは、既に販売した車両に対する車いすの乗降性を高める改善を2月より進めていくことを決定した。

 具体的には、組立作業を簡略化した車いす乗降用スロープなど、改善部品への交換や、作業が簡単にわかるラベルを各箇所に貼付けるなど、習熟度によって作業時間に大幅な差が出ないような工夫をし、スロープ設置から車いすの固定などにかかる時間を4分程度に短縮したとのことだ。

JPN TAXI

既販車向けの詳しい改善内容は以下

●スロープNo.1(歩道など段差がある場合は単独使用)

・固定ベルトをつなぐカラビナ(金属リング)を提供

●スロープNo.2(歩道など段差がない場合の延長用)

・脚を組立式からスライド式に変更車

●いす固定ベルト、車いす用延長シートベルト

・リヤフロアに設置可能で、部品が取り出しやすい収納ポケットを配布

●ラベル貼付け

・作業が簡単に分かるラベルを各箇所に貼付け

 さらに、2019年3月発売予定の一部改良車両には、車いす乗降用のスロープ構造の見直しに合わせて車両側にも改良を加え、作業時間を3分程度に短縮しているという。スライドドアの開閉時間短縮や料金トレイの位置を下げるなどの使用性も見直すとともに、衝突回避または被害軽減をサポートするプリクラッシュセーフティが、昼間の歩行者も検知できるようになる。

JPN TAXI

一部改良車両の車いす乗降機能等についての内容は以下

●スロープNo.1(歩道など段差がある場合は単独使用)

・折り畳み3枚折りから、2つ折りに変更

・収納袋を廃止し、リヤシート下フロアに直接設置

・フロア固定バンドをワンタッチ式ロックに変更

・長さを延長

●スロープNo.2(歩道など段差がない場合の延長用)

・折り畳み構造から樹脂一体ステップに変更

・スロープNo.1との結合ピンを廃止し、載せるだけの結合方式に変更

●車いす固定ベルト、車いす用延長シートベルト

・リヤフロアに常設し、カーペットのポケットに収納

●ラベル貼付け

・作業が簡単に分かるラベルを各箇所に貼付け

 メーカーによると「今後もお客様の声に耳を傾け、より多くの方に喜んでいただけるタクシーの実現を目指して改善を続けてまいります。」との事。

  

既販車(改善前)

JPN TAXI

一部改良車両

JPN TAXI


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです