メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

技術的には超絶進化しているのにナゼ!? 現代のクルマから楽しさがなくなったワケ

情報提供:カートップ

技術的には超絶進化しているのにナゼ!? 現代のクルマから楽しさがなくなったワケ

「良くなり過ぎた」がゆえに楽しさを失った現代のクルマ

 今のクルマは品質もとてもよくなって快適だし、スポーツカーであればパワフルだし、誰でも高いレベルの走りを安全に楽しむことができるようになった。でも、なんだかつまらない……、昔のクルマのほうがパワーはなかったけど楽しかった、という声もよく聞く。

 クルマはよくなっているのに、なぜだ!? まったくもって贅沢な話に聞こえるが、じつはワタクシ、近藤も常々思っていたところ。ことあるごとに各メーカーの技術者とディスカッションしてきたテーマだけに、ここにその理由をまとめてみたいと思う。

旧車

 まず基本にあるのが、良くなり過ぎたことだ。ホントに贅沢な話ではあるが、スポーツカーに静かさ、快適性が必要なのかという問題にもなる。昔のクルマはガーガーうるさかったが、それがクルマの鼓動であり、アクセルを通した一体感につながっていた。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです