メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ポイントカード、便利でおトクだが… 自分の本質知られる怖さ 個人情報が捜査に!?/悪質な使い方には罰則を

 スーパーや本屋などで会計する際、ちょっと得した気分で差し出してしまう。そんなポイントカードの個人情報はさまざまな場所に飛んでいき、捜査にまで使われていたかもしれない?! 今や世間はポイントだらけ。私たちはどう向き合えばいいのか。【宇田川恵】

 「ポイントカードをお持ちですか」と店頭で聞かれる度に返事をためらうようになった。国民のほぼ半数に当たる約6800万人が財布などに入れている「Tカード」。それを運営しているカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、会員の個人情報を裁判所の令状がなくても捜査当局に提供していたと明らかになったのだ。

 CCCはそうした情報提供について会員規約に明記しておらず、透明性という意味で責任は重い。だが捜査機関が所定の照会書を出して情報を求めれば、企業が応じることに違法性はないという。実際、多くの運営会社も同じように対応している。

この記事は有料記事です。

残り2289文字(全文2673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです