メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/宮城

手洗いは大切な工程=橋本建哉さん /宮城

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

酒蔵への雑菌侵入防ぐ 橋本建哉さん(宮城県産業技術総合センター総括研究員)

 先週は大寒の冷たく澄んだ空気をいかして宮城県のほとんどの酒蔵では大吟醸もろみの仕込みが行われた。真冬の朝の冷たく乾いた空気は、蒸した米を芯まで冷やしてごく低い温度で仕込む吟醸造りに最適なため、多くの酒蔵でこの時期に大吟醸の仕込みが行われる。東北の太平洋側の1月は1年で最も降水量の少ない空気の乾燥した時期。力強い麹(こうじ)を造るためにも空気の乾燥したこの時期が一番向いている。

 寒く乾燥した気候は造りには良いが、人には辛(つら)く厳しい面も。乾燥注意報発令に呼応して、インフル…

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1657文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです