メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校自慢

松戸自主夜間中学校(松戸市) 柔軟な姿勢、これからも /千葉

 貧困や障害、国籍などの問題で学ぶ機会を失った人たちに学習の場を提供する松戸自主夜間中学校は、開講以来36年にわたり、同市勤労会館などで無料の授業を続けている。約2000人が退職教員ら約30人のボランティア講師から日本語、算数・数学、理科、社会などを教わってきた。

 開講当初は、戦後の混乱で中学校を卒業できなかった人や、中国残留日本人孤児とその家族が多かったという。現在も、さまざまな理由で義務教育を満足に終えられなかった人に加え、公立中学に通いながら受講する外国人の子供たちも多い。

 運営するNPO「松戸市に夜間中学校をつくる市民の会」の榎本博次理事長(69)は「資金難とスタッフ確…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです