メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜市

民活で市民サービス向上 ソフトバンクと連携 交通など8部門、県内初 /岐阜

 地域活性化と市民サービスの向上を目指し、岐阜市は1日、ソフトバンク(東京都港区、宮内謙社長)と包括連携協定を結んだ。市は民間活力を生かし、少子高齢化社会のさまざまな解決を目指す。

 市はこれまで、プログラミング教育支援の一環でロボット「ペッパー」の貸与や職員研修などを通じ同社と交流してきた。さらに、自転車・バス・タクシーなど交通手段を統合したサービスシステム開発、観光…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです