メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県読書感想画コンクール

力作2485点集う 受賞作品が決まる 最優秀8点、中央コンクールへ /岐阜

 県読書感想画コンクール(県学校図書館協議会・毎日新聞岐阜支局主催、県教育委員会後援)は今年度、県内の小中高校生から計2485点の応募があり、受賞作品150点が決まった。最優秀の8点は「第30回読書感想画中央コンクール」(公益社団法人全国学校図書館協議会・毎日新聞社・実施都道府県学校図書館協議会主催、文部科学省など後援、凸版印刷協賛、大和証券グループ特別協力)の審査に進む。コンクールは、自由に選んだ図書または指定図書を読んで感じたことを絵で表現することを通して読書力や表現力を養う目的で開かれている。多数の入賞者があった学校を表彰する「学校賞」には、恵那市立大井第二小▽同市立東野小▽同市立武並小▽瑞浪市立釜戸小▽同市立日吉小▽安八町立名森小--の6校が選ばれた。【花岡洋二】

(各作品紹介の最後にある=「●●」は書名)

この記事は有料記事です。

残り2120文字(全文2481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです