メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

施行前に 県教育委員、日本語教室を見学 湖南 /滋賀

日本語教室の授業を視察する滋賀県教委の教育委員ら=滋賀県湖南市の市立日枝中学校で、大澤重人撮影

 4月の改正入管法施行で、外国人労働者だけでなく、外国人児童生徒の増加も予想される中、県教委の教育委員3人が5日、ブラジル人を中心に外国籍生徒が38人と全校生の1割強を占める湖南市立日枝(ひえ)中学校(中村信次校長)を視察した。普段の教室を離れ、日本語教室で「取り出し授業」を受ける様子などを見学した。【大澤重人】

 年8回、学校現場や子ども食堂などを訪れる「ふれあい教育対談」の一環で、今年度の最終回。外国籍児童生…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです