メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

施行前に 県教育委員、日本語教室を見学 湖南 /滋賀

日本語教室の授業を視察する滋賀県教委の教育委員ら=滋賀県湖南市の市立日枝中学校で、大澤重人撮影

 4月の改正入管法施行で、外国人労働者だけでなく、外国人児童生徒の増加も予想される中、県教委の教育委員3人が5日、ブラジル人を中心に外国籍生徒が38人と全校生の1割強を占める湖南市立日枝(ひえ)中学校(中村信次校長)を視察した。普段の教室を離れ、日本語教室で「取り出し授業」を受ける様子などを見学した。【大澤重人】

 年8回、学校現場や子ども食堂などを訪れる「ふれあい教育対談」の一環で、今年度の最終回。外国籍児童生…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです