改正入管法

施行前に 県教育委員、日本語教室を見学 湖南 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本語教室の授業を視察する滋賀県教委の教育委員ら=滋賀県湖南市の市立日枝中学校で、大澤重人撮影
日本語教室の授業を視察する滋賀県教委の教育委員ら=滋賀県湖南市の市立日枝中学校で、大澤重人撮影

 4月の改正入管法施行で、外国人労働者だけでなく、外国人児童生徒の増加も予想される中、県教委の教育委員3人が5日、ブラジル人を中心に外国籍生徒が38人と全校生の1割強を占める湖南市立日枝(ひえ)中学校(中村信次校長)を視察した。普段の教室を離れ、日本語教室で「取り出し授業」を受ける様子などを見学した。【大澤重人】

 年8回、学校現場や子ども食堂などを訪れる「ふれあい教育対談」の一環で、今年度の最終回。外国籍児童生徒の多い浜松市などへの視察はあったが、教育対談で外国籍児童生徒をテーマに視察するのは初めてという。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文734文字)

あわせて読みたい

ニュース特集