メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

フリースペースSAKIWAI(奈良市) 悩みを抱えた女性が利用 週1回「居場所」を提供 /奈良

「こんなに長く続けられるとは思わなかった」と話す大谷かおるさん=奈良市芝辻町2のフリースペースSAKIWAIで、中津成美撮影

 奈良市の近鉄新大宮駅から北にすぐのマンションの一室に「フリースペースSAKIWAI」がある。不登校・ひきこもりを考える親の会「ふきのとうの会」の交流や、女性が自由に過ごす場所として利用されている。代表の大谷かおるさん(69)に話を聞いた。【中津成美】

 部屋にはこたつやテレビなどが置かれた広間と、人目を気にせずに相談できる個室がある。毎週火曜には、県内各地から女性がふらりとやって来て、たわいの無い話や自身の悩みなどを話して帰って行く。女性は生活保護者や既婚者、発達障害の人などさまざま。大谷さんは「居場所の大切さを実感している。ここに来ると、ほっとした顔になる人もいる」と話す。

 元々は、いじめなどによる不登校者らの居場所として使っていた。大谷さんは、自身の子供が小中学生の時に不登校になったことで、登校拒否を考える親の会合に参加。その後、会を引き継いだ。「ふきのとうの会」と名称も変更し、1993年に再出発した。名称の由来は雪解け土から芽生え、たくましく育つふきのとうのように、子供がたくましく育ってほしいとの思いからだ。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです