特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第91回選抜高校野球

高松商 太縄跳びで肩甲骨意識 伸びのある直球を /香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
太い縄を使って縄跳びをする高松商の川原稜矢投手=高松市松島町1の同校で、潟見雄大撮影 拡大
太い縄を使って縄跳びをする高松商の川原稜矢投手=高松市松島町1の同校で、潟見雄大撮影

 <センバツ2019>

 高松商グラウンドのレフトポール付近、数人の選手たちが太い縄を使って縄跳びをしていた。ホームラン性の打球を捕るための跳躍力をつけるトレーニング? と思いきや、投球時に大切な肩甲骨の可動域を広げるためのものだった。

 使用する縄は長さ約280センチ、直径約5センチもあり、ずっしりと重い。腕の力だけではとても回すことはできない。肩と腕を大きく動かして遠心力を生むことが重要になる。そのためには、肩甲骨の動きを意識するようになるのだ。

 肩甲骨の可動域が広がることで、投球時に球を打者に近い位置で離すことが可能になり、伸びのある直球を投げることができるようになる。関節の動きが柔軟になれば、けがの予防にもつながる。

 川原稜矢投手(2年)は「肩甲骨はストレッチだけでは可動域を広げるのが難しい。だけど、縄を使えば意識せずとも肩を大きく回すことができる。ピッチングに生かしたい」と話す。【潟見雄大】

関連記事

あわせて読みたい