メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「大統領の職務を誠実かつ良心的に務めれば…

[PR]

 「大統領の職務を誠実かつ良心的に務めれば、誰だって遊ぶ時間などなくなる」。第11代の米国大統領、ポークの言葉という。実際、夏休みをとらない初の大統領となり、歴代随一の仕事中毒といわれる▲彼はメキシコと戦争してカリフォルニアなどを奪い取ったが、働きすぎのせいなのか退任3カ月で死んだ。では逆に働かなかった大統領は誰か。毎晩10時には寝て、毎日2~4時間は昼寝した第30代、クーリッジはその一人のようだ▲時は自由放任思想の全盛期で、その施政も富裕層への減税以外は無為無策(むいむさく)だった。後に彼の訃報(ふほう)を聞いたある作家は「なぜ(死んだと)わかるの」というブラックジョークを放ったという(オブライエン著「大統領たちの通信簿」)▲こちらは「固まっていない時間」の意をこめて「エグゼクティブタイム」と呼ぶらしい。米メディアがトランプ大統領のスケジュールを調べたところ、過去3カ月間の公務時間のうち約60%が事実上の「自由時間」と分かったそうだ▲クーリッジは揺り椅子で葉巻をくゆらし、居眠りして午後を過ごしたが、トランプ氏はテレビを見てツイートしたり、側近に電話したりしているとか。エグゼクティブタイムは予定の拘束を嫌う氏の意向で側近が考案した呼称という▲「大統領は従来の指導者と違うスタイルで成果を上げている」はホワイトハウス報道官の釈明である。ちなみに自由な大統領の先達(せんだつ)、クーリッジは後の大恐慌を招き寄せた一人としてとりざたされるはめになる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです