メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ES細胞

マウス腎臓、ラットで作製 異なる種で初 ヒトへの応用へ一歩

 ラットの受精卵にマウスのES細胞(胚性幹細胞)を入れて子宮で育てることで、生まれてきたラットの体内にマウスの腎臓を作製することに成功したと、自然科学研究機構生理学研究所などのチームが発表した。複雑で大きな臓器である腎臓を、異なる種の動物の体内で作ったのは初めてだという。成果は6日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

 チームの同研究所の後藤哲平・特任研究員によると、ラットを遺伝子改変し、腎臓を作れなくした受精卵を作…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです