メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
ES細胞

マウス腎臓、ラットで作製 異なる種で初 ヒトへの応用へ一歩

 ラットの受精卵にマウスのES細胞(胚性幹細胞)を入れて子宮で育てることで、生まれてきたラットの体内にマウスの腎臓を作製することに成功したと、自然科学研究機構生理学研究所などのチームが発表した。複雑で大きな臓器である腎臓を、異なる種の動物の体内で作ったのは初めてだという。成果は6日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

 チームの同研究所の後藤哲平・特任研究員によると、ラットを遺伝子改変し、腎臓を作れなくした受精卵を作…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです