メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ES細胞

マウス腎臓、ラットで作製 異なる種で初 ヒトへの応用へ一歩

 ラットの受精卵にマウスのES細胞(胚性幹細胞)を入れて子宮で育てることで、生まれてきたラットの体内にマウスの腎臓を作製することに成功したと、自然科学研究機構生理学研究所などのチームが発表した。複雑で大きな臓器である腎臓を、異なる種の動物の体内で作ったのは初めてだという。成果は6日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

 チームの同研究所の後藤哲平・特任研究員によると、ラットを遺伝子改変し、腎臓を作れなくした受精卵を作…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです